犬は一生懸命に世話をしてくれる人をボスだと認識する説

何十年も前から言われてきたことですが、犬は家族を1つの群れだと考え、その中でご飯や散歩、ブラッシングなどの世話をしてくれる人を自分より下の最下層に位置づけそして何も世話をしない人を一番偉い人だと認識するという話について、私は疑問があります。ようするに世話をしてくれる人を犬はなめてかかるということですが、それは違うと思うのです。
世話をしてくれた人の命令を一番よく聞きますし、逆に世話をしない人のことはほとんど無視します。犬も飼い主の愛情を感じるみたいで、同じ家族でも自分のことを一生懸命に世話してくれる飼い主を軽く見ることなどありません。時にはあまえることも、もちろんあるでしょう。しかし最下層に位置づけることはないと思います。逆に同じ家族でも世話をしない人のことをボスだと思うこともないでしょう。たとえば何も世話をしないお父さんが大声を出して怒鳴ると命令をよく聞きますが、それは怯えているのであって仕方なく従順にしているのだと思います。
これは最期の時まで犬を飼って初めて分かることだと思います。犬が家族の中で誰を一番信用し、誰をボスだと思っているかは、老犬になると犬も本性を出してくるのでよく分かります。この話は私の実体験なのですが、ムツゴロウ氏もその著書にて同じことを書いているのを見ました。今私が冒頭に書いたいわゆる通説を否定する形で、犬は世話をしてくれる人のことをボスだと認識していると、ムツゴロウ氏自身が本に書いていました。
繰り返しになりますが、たとえば犬は何も世話をしないお父さんをボス扱いして、世話をしてくれるお母さんや子供達を馬鹿にしてはいません。本当のことは直接犬に聞いて確かめるしかありませんが、残念ながら犬は人間の言葉を話せないので、今からたくさん世話をして10年後や15年後に犬の態度を見て判断して欲しいと思います。
また、犬の健康はとても重要で最近では麻酔を使わない歯磨き方法も確立されていているようです。。
詳細はこのサイトをみてください。
犬無麻酔歯石除去

犬の魅力と力について

犬が好きな人はとても多くいます。
犬は世界中で沢山の人達にペットとして、または仕事の相棒として昔から人間と深い関係で繋がっています。
鋭い嗅覚を生かして警察犬として働いている犬もいます。
美しい容姿や賢い知能を生かして色々なコンテストに出場する犬もいます。
タレント犬といわれるような犬も多く存在しています。
このように犬には色々な魅力が沢山あります。
このほかにも犬には素晴らしい力もあります。
中でもドッグセラピーは有名です。
犬に触れることによって心が和んだり、ストレスが軽減されたりなど、現代では医療の一つとしても注目されています。
子供がいない家庭では、犬を子供のように育てられる人もいます。
また一人っ子のために犬を飼うという人もいます。
旅館やお店で看板犬として有名な犬も沢山います。
犬を飼う目的や意味は、人によっても違っています。
また、犬は健康面に手がかかります。私は愛犬歯石除去にお願しています。
中には、犬を飼ってみたいと思っていても、何らかの事情で飼えない人も多くいます。
最近では、ドッグカフェも全国各地に登場してきています。
ドッグカフェで犬と触れ合うことで、本気で犬を飼うことができるか確認することも出来ます。
いずれにせよ、犬を飼うと言うことは命を預かることです。
責任を持って最後まで大切にすることが重要です。

家に犬がいなかったのはたった3年だけ

ペットが好きな人の場合、家族もペットが好きで、子供の頃から家に犬やら猫がいたという人が珍しくないでしょう。そして、そういう人は状況が許せば、生涯ペットと生活をするのではないでしょうか。
私の場合も、子供の頃から家にずっと犬がいました。私はあと数年で50歳になるのですが、家の中に犬がいなかったのはたった3年しかありません。最低1匹は犬がいました。多い時は3匹になった事もあります。
もちろん今も1匹います。そして、ひょっとしたら、この1匹が私の人生で飼える最後の1匹なのだろうと思っています。
本当はシニアライフに入る前にもう1匹欲しいとは思います。私は現在離婚をして1人ですし、子供もいません。愛犬が大切な家族です。
しかし、犬を飼うにもお金がかかります。そして、時間もかかります。毎日のお散歩、ケア、獣医さんの所に連れて行って健康診断を受けさせるなどなど、いろいろしないといけない事があります。
が、私自身介護年齢に入ってきました。両親が病気をし始めました。そして、私自身、仕事をしています。
ですから、今後は時間のやりくりが大変になってしまう事が予想出来ます。
特に忘れがちな歯磨きはとても重要です。
そう考えると、今いる愛犬が私の最後の愛犬なのかと思ってしまいます。子供の頃から、家には犬がいました。お昼寝をしていると、必ず横で一緒に寝てくれている愛犬がいました。この愛犬がいない生活とはどのようなものなのでしょうか。寂しいでしょうね。考えるだけで泣きたくなります。
しかし、私1人の力では今いる子を最後まで幸せに生きさせる事が限界なのだと思います。ですから、最期の時まで、幸せに暮らさせてあげたいと思っています。

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !